花粉症などのアレルギーに有効とされているジルテックですが、購入には処方箋が必要になります。もしジルテックを薬局などで購入したい場合は、同じ成分を含んだ薬を選ぶことにより同じ薬効を得ることが可能です。

  • ホーム
  • 花粉症に効く薬はアトピーにも効果あり?

花粉症に効く薬はアトピーにも効果あり?

薬と女の医者

アレルギーの一種として認識されているものは実はアトピーにも同じような方法で効果的に治すことができる方法があります。
アトピーでは子供だけではなく大人の方にも発症すると言われています。
一度治ったと思ったらまたかゆみが出てくることもよくあることです。
両者に共通しているのはかゆみです。
そのかゆみをいかに抑えるかということが重要になってくると言えます。

アトピー性皮膚炎の原因はいまだによくわかっておりませんが、かゆみを一時的に治すということは可能であると言えます。
例えば、アレルギーでは薬によってかゆみなどの症状を抑えて治るということがほとんどです。

アトピーから来るかゆみ成分は過酸化脂質という物質であることがわかっています。
このような物質を抑えるには細胞の中に存在しているミトコンドリアの働きを活性化していくことが必要です。
ミトコンドリアの働きには皮膚を再生するという役割があり、まさに肌荒れが多いアトピー患者には重要な成分であると言えるでしょう。

また、かゆみ成分の過酸化脂質の駆除をするという働きもミトコンドリアにはあるのです。
このような働きを活性化してくれる成分があると肌に良い効果をもたらしてくれるので、そのような「ES27」という物質が含まれているクリームを塗るようにするとアトピー性皮膚炎の方には効果的です。
理由としては子供だけではなく大人の方でも薬の処方をすることなく気軽に使用できるという点があるということです。

花粉が多く飛ぶような季節ではアトピー性皮膚炎の方は特にかゆみに対して敏感な季節ですので、花粉に対処できる薬はアトピーの方にも効果があると言えます。
またご紹介したクリームには副作用は見られないので、副作用を気にして強力な薬を使うことを避けたいという方には非常に有効的に使用する事ができます。
アトピーの一番の敵はかゆみなのでかゆみを制することができればアトピーを制すると言っても過言ではありません。

アトピーは何故大人になると良くなるか

大人が発症するアトピーと子供が発症するアトピーには違いがあり、大人になるにつれて症状が改善されることがあります。
子供のアトピーが悪化してしまう原因は主に食物アレルギーや、肌の乾燥です。
子供はまだ成長途中なため、食べ物を消化する器官や肌が未熟です。
そのために大人になって身体が成長すればアトピーが悪化しづらくなり、症状も出にくくなるのです。
そのため、食物アレルギーは、大人になると改善されることが多いです。

アトピーは精神的なストレスから出来るものもあります。
子供のうちは学校生活や友人関係、勉強などストレスにさらされる機会が多く、極めて精神が不安定になりやすい思春期の期間もあるためアトピーが悪化しやすいです。
大人になりある程度のストレス耐性がつくと、自分で上手にストレスを発散できるようになるため、症状が緩和されたり、アトピーが治ることもあります。

アトピーは再発しやすく、原因を取り除かなければ症状はよくならず、ずっと繰り返してしまいます。
また、治らないからと勝手に薬を止めてしまうことも再発を起こす原因になります。
薬を塗っている場合は完璧に治るまできちんと塗り続けることが大切です。
子供のうちは思うように生活改善が出来なくても、大人になってから自分の暮らしやすいように生活環境を整えることによって、症状が改善できる場合があります。

子供のうちからアトピーを改善出来る方法を行っておけば、大人になってからアトピーに悩まされにくくなります。
肌の乾燥によって肌がかゆくなり、患部をかきむしって悪化するのを予防するために保湿効果のあるクリームを身体に塗っておくとよいでしょう。
すでに患部が炎症を起こしているときにはステロイドの入った軟膏薬を塗ると皮膚のバリア機能を守り、炎症が広がることを防いでくれます。

サイト内検索
アーカイブ