花粉症などのアレルギーに有効とされているジルテックですが、購入には処方箋が必要になります。もしジルテックを薬局などで購入したい場合は、同じ成分を含んだ薬を選ぶことにより同じ薬効を得ることが可能です。

  • ホーム
  • ザイザルで「眠くならない」理由とは

ザイザルで「眠くならない」理由とは

ザイザルは、第二世代抗ヒスタミン薬に分類され、従来から抗ヒスタミン薬のデメリットであった「眠気」が抑えられていると言われています。

ザイザルは「レボセチリジン塩酸塩」を有効成分とする薬ですが、よく似た名前の「セチリジン塩酸塩」という薬があり、こちらが先行して使用されていました。
このセチリジンから、眠気を引き起こす原因となる成分を取り除いたものが、レボセチリジンです。

具体的に言うと、セチリジンはラセミ体であり2種類の鏡像異性体(エナンチオマーとも呼ばれる立体異性体で、原子の立体配置が互いに鏡に映した関係になっている)を持っています。
その2つの鏡像異性体はR体とS体と呼ばれていますが、抗ヒスタミン効果があるのはR体の方だとされています。
またR体は、眠気を起こしにくいという特徴も持っているのです。
そこで光学分割によりR体だけ取り出して作られたものが、レボセチリジンです。

ザイザルは、そのレボセチリジンから作られているので、セチリジンと同等の抗ヒスタミン効果を持ちながらも眠くならないのです。
また、本来2種類ある鏡像異性体のR体だけで構成されていることにより、セチリジンの半分の量で同等の効果を得られるというメリットもあります。

ザイザルは、眠気を起こしにくい薬ですが、全く眠くならないという訳ではありません。
ザイザルを服用中は、自動車の運転や危険を伴う機械の操作を控える等の注意が必要です。
個人差もありますが、眠気のピークは服用から1~2時間後と言われており、7時間後には落ち着きます。
1度服用すると1日中効果が持続しますので、就寝前に服用することで眠気のピークを回避することも可能です。

副作用の症状

眠気以外に副作用として起こりうる症状は、主に以下が挙げられています。

ショックやアナフィラキシー反応による症状

  • 呼吸困難
  • 血圧低下
  • 蕁麻疹
  • 発赤等
  • 痙攣

肝機能障害や黄疸による症状

  • 全身倦怠感
  • 食欲不振
  • 発熱
  • 吐き気等

血小板減少などによる症状

  • 鼻血等の出血

このような症状が現れた場合は使用を中止し、医師の判断を仰ぐことが大切です。

ザイザルの値段と購入法

ザイザルの購入方法についてですが、ザイザルを入手する方法は2種類あります。
医師に処方してもらうか、専門通販サイトを利用して購入する方法です。
個人輸入代行サービスを行っている医療品専門通販なら気軽に購入することが出来ます。
病院でザイザルを処方してもらう場合、病院に行く時間や処方薬を受け取る手間などがかかります。
また、シーズンによっては病院がとても混み合ってしまっており、長い時間病院にいることが出来ない人もいるでしょう。
その点、医療品専門通販を利用すれば、そのような時間や手間が省けるので、忙しい人にはおすすめの購入方法です。

ザイザルの値段は、通常だと先発薬の薬価が1錠96.4円程度の金額です。
ジェネリック医薬品の場合、個人輸入代行サイトの医療品専門通販を利用すると、病院で先発薬を処方してもらうより安く購入できます。
また、医療品専門通販でまとめ買いをするとより安く購入できるメリットもあります。
通販でまとめ買いすると最安値で1日分52円ほどで買うこともできるようです。
毎日飲むアレルギー薬なので少しでも安く購入出来るよう、ネット販売のサイトを参考に検討してみましょう。

ザイザルは副作用が少なく、眠くならないアレルギー薬ということを謳っています。
その上、効果も高く、とても飲みやすい薬です。
医薬品なのでデメリットももちろんありますが、1日1錠飲むだけでアレルギー症状を抑え、購入方法によっては安く金額を抑えることも出来ます。
初めて服用する際にあたって不安を感じる時は、まず病院を受診し、信頼出来る医師から薬を処方してもらうのが良いでしょう。
慣れてきた人は、医療品専門通販で安く購入することを検討してみましょう。