花粉症などのアレルギーに有効とされているジルテックですが、購入には処方箋が必要になります。もしジルテックを薬局などで購入したい場合は、同じ成分を含んだ薬を選ぶことにより同じ薬効を得ることが可能です。

  • ホーム
  • アレルギーを通販のキットで検査してみよう

アレルギーを通販のキットで検査してみよう

アレルギーの検査は一般的には病院のみでしかできないと思われがちですが実は通販のキットを購入することで気軽に自宅でも行うことができます。
病院で行うアレルギー検査は基本的には治療目的で医師が必要と判断した場合を除いて自費診療となり保険適用がされませんので価格や手間の面をみても忙しい方には通販がおすすめです。
価格帯は検査機関によって違いますが、調べたい項目が増えるほど値段も上がることは覚えておくと良いでしょう。

全般的にアレルギーを調べたい方はアレルギー総合検査キットがありますが、内容は商品ごとに異なるのでどんなアレルギーについて調べることができるのか確認してから利用しましょう。
調べられる項目は食物アレルゲン・花粉アレルゲン・環境アレルゲンなど様々です。
食べ物など特定の項目をより詳しく調べたい場合には専用のキットを探すことが大切です。
室内ペット検査キットなど犬や猫皮膚、ハウスダストなど調べる項目が限定されているものを選ぶと総合的なものよりも項目数が少ないため安く調べることができます。

検査キットを販売している会社によってはファミリーセットなども販売されています。
検査はピペットなどを使って採血した血液を検査するのが一般的です。
厚生労働省の改正薬事法に準拠した認可を取得した採血キットを使用している会社を選ぶとより安心です。
採取具合による不備が出た場合には再検査の対応を行ってもらえない場合もありますので説明をきちんと読んで正しく採血を行いましょう。

流れとしてはオンラインやファックス、電話で注文を行うと通販キットが送られてきます。
自分で採血し完成した検体を返信封筒で送り返すだけです。
通常の場合では2週間ほどで結果が出ますが精度をあげるために場合によっては再検査を行うこともあります。
ワルファリン等の抗凝血剤を服用されている方はこの方法を利用できないものもありますのでそういった場合には病院に相談しましょう。

病院でアレルギー検査をした場合の違い

病院に行きたくても時間がないという人に人気があるのが自宅でアレルギー検査を行うことが出来るキットの存在です。
通販で購入することが出来るキットですので、自宅にいながら注文し検査をすることが出来るというメリットがあります。
しかし、気になるのは病院でアレルギー検査を受けた場合との違いでしょう。

まず、費用についてですがこれは一概にどちらが安いとは言えません。
検査を行う項目やどのようなことを目的にしているのかにもよりますが、治療を目的として検査を受けるという場合には、保険が適用されますので価格は病院のほうが安くなります。
しかし、保険が適用されないという場合には初診料や再診料がかかりますし、たくさんの項目の検査を受けたいという場合にはその分費用がかさみますので、通販キットのほうが安くなることもあります。
どのような目的・項目で検査を受けたいのかということを具体的にすることが大切です。

また、検査結果の信憑性についてですが、基本的に通販キットは血液を利用者自身が採取し返送して行うということになります。
初めての人でも簡単に行うことが出来るように工夫されていますし、我慢することが出来ないほどの痛みはありませんので、初めての人でも失敗せずに行うことが出来るはずです。
万が一失敗してしまったという場合には、再検査を受けることもあります。

病院では、血液検査に加えてパッチテストなどを行いアレルギーの原因をより詳しく特定することが出来ます。
日常的に医薬品を服用しているという人など、通販キットを使用することが出来ないという人でも病院であれば受けることが出来ます。
自身の希望に合った方法はどのような方法かを考えて受けるようにしましょう。