花粉症などのアレルギーに有効とされているジルテックですが、購入には処方箋が必要になります。もしジルテックを薬局などで購入したい場合は、同じ成分を含んだ薬を選ぶことにより同じ薬効を得ることが可能です。

  • ホーム
  • やっぱり有能!抗アレルギー薬の「アレグラ」

やっぱり有能!抗アレルギー薬の「アレグラ」

花粉が飛び交う季節はくしゃみが止まらなくなりテイッシュが手放せなくなる人が増えてきています。
そんな花粉症に効果的なのが抗アレルギー薬の「アレグラ」です。
ドラッグストアや薬局で買える「アレグラ」は、アレルギー性鼻炎の症状の緩和に効果的であるというメリットがありますが、湿疹、じんましんなどの皮膚疾患には効かないというデメリットもあります。
同じ名称の「アレグラ」でも、お医者さんで処方してもらえる「アレグラ」はじんましん、皮膚炎、かゆみ、虫刺され、湿疹などにも効果のある薬があるので、自分の体の症状から選ぶことが必要です。

花粉症はそのままにしておいても軽症ならば自然に治っていく事もありますが、重症になると、鼻の皮がむけたり、あまりの鼻水で注意力が散漫になったり、喘息などのほかのアレルギー症状を引き起こすことがあります。
そのため早目に治療するに越したことはありません。

ドラッグストアなどで買った「アレグラ」を使用していても鼻水が止まらない、他の症状の喘息や体のかゆみなどが出てきた場合は、急いでお医者さんへ受診しましょう。
しかし、軽症の花粉症の場合は売っている抗アレルギー薬の「アレグラ」で症状は落ち着いてくるはずです。
同様に目のかゆみも抗アレルギー薬の目薬がありますので、差せば目のかゆみも楽になるでしょう。
目がかゆいからと言って擦っているとばい菌が入って目が腫れてしまったり、目の角膜を傷つけてしまうことがあります。
かゆくなっても、瞼の上から軽く抑える程度にとどめ、決して擦らないようにしましょう。
視力の低下を招くこともあります。

春や秋の花粉の季節は、風の強い日や雨上がりの日などに花粉はたくさん飛びます。
メガネやマスクを使ったり、洗濯物を室内干しにする、外から帰ったら衣服は脱いで室内着に着替え、洋服ブラシなどで外出着は花粉を払うなどの対策をしましょう。
抗アレルギー薬の「アレグラ」は家に常備しておくといざというときに早く鼻水くしゃみをとめることが出来るので助かります。

アレグラの値段と購入法

アレグラは、花粉症の治療薬として多くの人々が服用する人気の商品です。
その花粉症の方にお勧めな効果的な抗アレルギー薬がアレグラです。
アレグラはアレルギー性鼻炎の症状を抑え、副作用も少ないです。
ですが、デメリットはじんましんや皮膚炎などには効かないということだったり、効果が短期間では感じにくいという点です。

アレグラの値段は、28錠の14日分で大体1700円程で販売されています。
購入方法は、アレグラは薬剤師がいるドラッグストアや薬局で購入できます。
また処方薬のアレグラは病院で処方してもらえる以外に処方薬の通販サイトで購入することができます。

そして病院処方のメリットは、知識がなくても服用できたり医師の診断を受けるので自分に合う薬を処方される可能性が高いです。
診断を受けての処方なので副作用のリスクも低いです。

病院処方のデメリットは、通院時間がもったいなかったり病院に行く手間がかかることです。
通販のメリットとしては、家で注文できるほか、費用が安く抑えられることが多いことです。
薬について学ぶ機会があるということも良い点でしょう。

通販のデメリットは、入手までに時間がかかったり、知識を身に付ける必要があることです。
花粉症の方はアレグラを使用することも考えてみましょう。
ただし、自分の判断で量を増やすというのはやめましょう。
アレグラを一日二錠に増やしたり、一日で3回飲んだからといってアレグラの効果が倍増するわけではないのでそこは注意しましょう。
また薬の相性も人によって違うので用法容量を守っていても、効き目が感じることができないない時は、医者や薬剤師に相談することが大切です。