花粉症などのアレルギーに有効とされているジルテックですが、購入には処方箋が必要になります。もしジルテックを薬局などで購入したい場合は、同じ成分を含んだ薬を選ぶことにより同じ薬効を得ることが可能です。

丸い錠剤

アレルギーになる人が増えていると言われています。
一度アレルギーが起こってしまうとその後長い期間アレルギー症状に悩まされるという人も多く、アレルギーの種類が増えてしまうと常に色々なアレルギー症状が起きている状態で過ごさなくてはいけなくなります。
アレルギーが起こると辛い症状がでますが、そういった症状は薬を使用することで緩和させることができるので、症状に合わせて上手にアレルギーの薬を使用していきましょう。

市販薬にあるジルテックという薬とは

ジルテックは花粉症などのアレルギー症状に効果のある抗ヒスタミン薬のひとつで、セチリジン塩酸塩が主成分となっています。
ジルテックは病院を受診して処方をしてもらう薬ですが、同じセチリジン塩酸塩を主成分とした市販薬はいくつか販売されています。
ジルテックと同じ効果を期待したいのであればセチリジン塩酸塩を主成分としている市販薬を使うとアレルギー症状を抑えることができます。

アレルギーが体に起こる時には、アレルギーの元になる物質が体の中に入り、それが刺激となり体の中でヒスタミンをはじめとする伝達物質が放出されます。
放出されたヒスタミンが適合している受容体と結合することで、様々なアレルギー症状が引き起こされるという仕組みになっています。
そのため、抗ヒスタミン薬は受容体に作用して結合させないようにすることでアレルギー症状が引き起こされることを抑制します。

抗ヒスタミン薬であるジルテックはこのように受容体に作用することで効果をあらわします。
これはアレルギーそのものの治療になっているのではなく、一時的に症状を抑えているだけなので、ジルテックの効果がなくなるとまた同じような症状が出現してしまいます。
そのため、アレルギーの症状が出ており、ジルテックの効果が切れた時には、引き続き新しいジルテックを飲みつづける必要があります。

ジルテックは花粉症だけでなく、アレルギー症状が起こっている時に使用することができる薬なので、じんましんや皮膚炎、アレルギー性鼻炎などにも使われています。
これらのアレルギー性疾患に使われる薬の中心的存在である抗ヒスタミン薬には第1世代と第2世代の物があり、第1世代の薬のほうが先に開発をされた薬です。
第1世代の薬に起こった副作用をできるだけなくしたものが第2世代のもので、それまでは服用後に色々な副作用が出ることで使いにくさがありましたが、それらが改良されて、以前に比べると使いやすいものになっています。

ジルテックは抗ヒスタミン薬の中でも第2世代のものになるので、第1世代の抗ヒスタミン薬に比べると副作用があらわれにくいというメリットがあります。
また同じ抗ヒスタミン薬でも、効果の強さや副作用の出やすさには差があり、ジルテックは作用が強いと言われています。

ジルテックの主な効果

ジルテックは他の抗ヒスタミン薬に比べて効果が強いと定評があり、他の薬では症状が改善しなかった人でもジルテックを使用した時には症状が和らいだということがあるようです。
抗ヒスタミン薬はアレルギーに対する作用の仕方は同じですが、効果の強さには個体差があり、症状が強い人の場合には効果が弱い抗ヒスタミン薬では症状が改善しないということがあるようです。

これはアレルギー物質に触れた時に起こる反応の強さによって出る症状の強さが決まっているということです。
多少アレルギー物質に触れても症状が出ないような軽度のアレルギーの場合には、そこまで強い作用の抗ヒスタミン薬は必要ありません。
少しでもアレルギー物質に触れると症状が出てしまうような重度のアレルギーの場合には、放出されるヒスタミンの量が多く作用の弱い薬では症状を抑えきれないことが起こるからです。

そういった強いアレルギー症状を持っている人で他の抗ヒスタミン薬を使用しても効果が十分に感じられなかったという人の場合には、ジルテックを使用してみると満足できるほどの効果を感じられるかもしれません。

ジルテックは服用してから効果が出るまでの時間が比較的短く、作用が早く出るタイプの薬だと言え、さらに作用時間も長めで、非常に優秀な薬です。
アレルギー症状の中でも特にくしゃみや鼻水に対する効果が強いとされていて、くしゃみや鼻水が酷くて悩んでいる人に最適です。
それ以外の症状では鼻づまりや目のかゆみにもよく効くと評判で、色々な症状に効果が出るので、花粉症でよく見られる症状に対してはほとんどの症状に対応していると言えます。

そして、大きな特徴はジルテックが小児に対しても使用することができるという点です。
薬の中では成人には使用できても小児には使用が禁じられているものが多く、最近では小児でも花粉症などのアレルギー疾患を発症する子が多いため、アレルギーに対応する薬の需要が高まってきています。
もしも子どもが花粉症になったりした時には子ども用のジルテックを服用すると、症状を抑えることができて辛い花粉の時期も症状を酷くさせることなく過ごせるかもしれません。
アレルギーが起こると、勉強にも集中できないですし、掻きむしってしまうと皮膚の傷がついて残ってしまうこともあるのでジルテックを使用して症状を改善させてあげると良いしょう。

ジルテックの主な副作用

ジルテックはこのように他のものに比べて強い作用があることを特徴としていますが、効果が強いということはその分体に与える影響が大きいので副作用も強く出てしまう可能性があります。
それでも、改良をされている商品なので副作用が出にくいといわれています。
眠気が起こることが多いと言われていますが、服用をしている間中眠気が強くなるという人から、翌朝に眠気が少し残るという軽度のものまで様々です。

眠気の副作用は花粉症の治療をしていると最も不便を感じることの多いもので、人によってはジルテックなど花粉症の治療をしていると毎日が眠たく、生活や仕事に支障が出てしまうという人もいます。
そこまで副作用が強い時にはなんらかの対策が必要です。
しかし、どうしても他の物を使うだけでは花粉症の症状を止めることができないという人で、なんとか花粉症の症状を止めたいと思った時には、休日など眠気を感じても大丈夫な日に限って使用するという人もいるようです。

眠気のほかに見られる副作用は体のだるさや肝臓の機能障害です。
体のだるさは眠気とも関係してきますが、アレルギーを起こさないように作用することで症状が出にくくなると同時に頭がぼーっとしたり、身体のだるさを感じる人がいるようです。
肝臓の機能障害は、もともと肝臓の機能が悪い人は注意が必要で、ジルテックを服用することで肝臓の負担が増してしまうため、肝機能に異常が起こる可能性があります。
肝臓は非常に大切な臓器で、体の中で生じた毒物などを解毒する働きがあるので、そういった機能が働かなくなると体に大きな異常が生じてしまいます。
もともと肝臓の機能が弱い人などは注意をしておきましょう。

他にジルテックの服用で起こる可能性のある副作用は、ごくまれに痙攣やアナフィラキシーショックを起こすことがあるということです。
こういったものはほとんど起こることのないものですが、アレルギーを持っている人は、色々なものにアレルギーの起こりやすい体質であることも多くあります。
何か他のものでも重篤なアレルギー症状を起こしたことがある人は、服用をする前に医師に相談をしてからにしておいたほうが安心です。

また副作用が軽度のものであっても我慢できないと感じた時には、病院を受診して医師に相談すると他のものに変更ができることがあるので、無理に飲み続けることはせずに相談をしてみましょう。